Blog・Columnブログ・コラム
BLOG

公務員でも節税対策できる?

2021/04/01
公務員の方にとって「税金」は身近な存在ですが、ご自身の節税対策を考える機会はあまりないかもしれません。
しかし、公務員にとっても節税対策は重要です。

今回は公務員の節税方法について解説いたします。

▼公務員にも節税は必要

公務員が節税なんて……と思うかもしれませんが、税金として引かれる金額を減らせば、その分将来的な資産として貯蓄することができます。

公務員も国民の一人ですから、ぜひ節税対策を有効に行ってください。

■公務員におすすめの節税対策

公務員ができる節税対策としては、以下のようなものがおすすめです。

・生命保険料控除
・配偶者控除
・住宅ローン控除
・ふるさと納税

どれも一般的に行われている節税対策ですが、公務員だからこそ、基本的な節税対策をひとつずつ行っていきましょう。

特に生命保険料は毎月一定額を支払い続けるという性質があるため、家の購入額に匹敵するくらい大きな額になるといわれています。
その分の税金を控除できれば、かなりの節税になることでしょう。

また、近年話題になっているふるさと納税にも注目です。
返礼品の内容によっては必ずしも節税になるとも限らないのですが、社会貢献としても意義が大きいですので、ぜひ全国のふるさと納税に目を通し、どのようなものがあるかだけでも知っておきましょう。

▼まとめ

節税対策に興味がある公務員の方は、ぜひ芦原会計事務所にご相談ください。
現在の働き方や今後のプランに応じて、最も適した節税対策をご提案いたします。
ご自身に適した節税方法を知って、賢く資産を増やしていってください。