Blog・Columnブログ・コラム
BLOG

法人が節税対策を行うための方法とは?

2021/03/22
法人として事業を行う場合、利益を出すだけでなく節税についても考えなくてはなりませんよね。
今回は、法人におすすめの節税方法について解説いたします。

▼法人だからこそ節税対策は必要

法人を運営している方の中には、節税対策にそこまで重要性を感じないという方もいるかもしれません。

しかし節税対策をすれば、その分会社の資産を増やすことができます。
会社の体力がしっかりしていれば事業を長く継続することができますから、法人にとって節税対策はとても重要なことなんですよ。

■法人ができる節税対策

法人におすすめの節税方法は、やはり「法人税」の節税です。

例えば、役員報酬を増やしたり社用車に費用をかけるなどして益金を減らせば、全体的な所得を下げることができます。
所得が下がれば支払う税金が減りますので、節税対策になるというわけですね。

社員の健康診断や社員旅行など、社員に対する福利厚生を充実させるのも節税対策として有効です。
社員のモチベーションアップにもつながりますので、より会社の体力増強につながるでしょう。

他にも、その時に国が行っている特別控除制度を利用するという手もあります。
こちらは時期によって内容が異なりますので、詳しくは税理士におたずねください。

▼まとめ

法人の節税対策の種類は多岐にわたりますので、一般の方が調べても限界があることでしょう。

節税対策に力を入れたい経営者の方は、ぜひ芦原会計事務所にご相談ください。
会社の事業体制の見直しについてもアドバイスが可能ですので、小さなことでも遠慮せずにお悩みを打ちあけてくださいね。