Blog・Columnブログ・コラム
BLOG

生前贈与で非課税にする方法とは

2021/03/08
不動産や預貯金を多く持っている方は、相続をどうするかで悩むことも多いでしょう。
そんな方に節税の選択肢としておすすめしたいのが、生前贈与による非課税枠の活用です。
どのような方法があるのかを解説します。

▼生前贈与で非課税になる?

基本的には、相続税よりも贈与税のほうが税率が高いとされています。
しかし、主に以下のような条件を満たした場合、一定額が非課税になるという特例があります。

・暦年贈与(110万円以下)
・子や孫の住宅取得資金等としての贈与(売買契約の時期によって非課税枠は変動)
・子や孫の教育費としての贈与(一括1,500万円まで)
・生命保険の非課税枠(500万円×法定相続人の数)

こちらはあくまで一例です。
他にも生前贈与の非課税特例を使えるケースはありますが、一般的には、まずはこちらを参考にしてください。

■最もおすすめなのは「暦年贈与」

暦年贈与は、誰でも利用できるため非常におすすめできる節税法です。

暦年贈与とは、毎年基礎控除分の110万円以下ずつなら、贈与しても非課税になるという特例です。
例えば、毎年110万円ずつ10年間贈与した場合、合計で1,100万円を非課税で贈与することができます。
生命保険の非課税枠などと組み合わせればかなりの金額を非課税にできますので、最大限に活用しましょう。

▼まとめ

生前贈与を非課税にする方法は、他にも細かい規定に沿った内容が数多くあります。
相続税対策でお悩みの方は、ぜひ芦原会計事務所にご相談ください。
何を相談したら良いかわからないという方も、ご事情を伺えば問題点や解決法をを提示することが可能ですので、気軽にご連絡くださいね。