Blog・Columnブログ・コラム
BLOG

生前贈与とは?生前贈与で賢い相続ができる?

2021/02/22
相続に関連する言葉に「生前贈与」が挙げられます。
日頃から、ニュースなどで耳にすることもある言葉ではないでしょうか。
とはいえ「生前贈与」について具体的なことが分からないという方もいらっしゃるでしょう。
今回は生前贈与について焦点を当てて、詳しくご紹介していきます。

▼生前贈与って?
生前贈与は、その名前のとおり「生前に財産を贈与すること」をいいます。
一般的には相続税での節税対策で生前贈与が行われることが多いといえるでしょう。
ご本人が生きているうちに財産を贈与することで、財産をよりいっそう有効に活用できるといった意味でも、相続において有効な手段といえるでしょう。

▼生前贈与を行うことで得られるメリットは?
生前贈与によって生じるメリットが存在します。
その一例を下記にご紹介していきます。

■節税効果を期待することができる
生前贈与を行えば、万が一のことがあった場合の時点での保有財産を減少させ、将来的に相続する財産を減らすことにつながります。
そのため結果的に相続税の節税対策にもつながるというわけです。

■自分で贈与する相手を決めることができる
生前贈与は、民法で定められた相続人だけではなく、さまざまな人や法人に贈与することが可能です。
そのためご本人の意思を活かした贈与ができるといえるでしょう。

▼まとめ
今回は生前贈与についてご紹介しました。
生前贈与を正しく行うことで、相続税の節税対策にもつながるでしょう。
生前のうちから財産や相続について計画を立て、賢い相続を行いたいですね。