Blog・Columnブログ・コラム
BLOG

生前贈与に税金はかかる?生前贈与の税金についてご紹介します

2021/02/15
相続税の節税対策の1つとして知られる「生前贈与」ですが、贈与を行うことで税金の申告が必要になる場合もあるようです。
今回はそんな「生前贈与に関連する税金」について、詳しくご紹介していきます。

▼生前贈与で税金がかかる場合とは
生前贈与でも税金の申告が必要な場合があります。
1年間に贈与された財産を合計した際に「110万円」を超過した場合に、贈与税の申告が必要になるとされています。
具体例として、年間で合計260万円の贈与を受けた場合には、110万円を引いた残りの150万円に対して贈与税が課せられるというわけです。

▼贈与税の申告はだれが行うべきか
一般的に、生前贈与の贈与税で税金を申告する際は、贈与を受けた人が贈与税の申告をする必要があるとされています。
確定申告とは違い、贈与税の申告を行いますが、比較的簡単な手続きといわれています。
しかし、特例が適用される場合などは複雑な手続きとなることもあるため、専門家の力を借りるケースも存在します。

▼もしも贈与税を申告しなかったらどうなるのか
生前贈与で1年に110万円以上の贈与を受けたが、贈与税の申告をしなかった。
このような申告漏れが分かった場合には、追加徴収が発生します。
さまざまな附帯税を収める必要も生じてくるため、しっかりと贈与税の申告をしておく必要があります。

▼まとめ
今回は生前贈与における税金についてご紹介しました。
生前贈与でも、場合によっては「贈与税」という税金が発生することがおわかりいただけたのではないでしょうか。
複雑な税金関連について「自信が無い」といった方は、専門家に相談してみるのが確実といえるでしょう。