Blog・Columnブログ・コラム
BLOG

相続ってなに?かかる税金の対策など詳しくご紹介

2021/01/28
「相続」は日ごろから耳にする言葉でもあるため、相続を身近に感じているという方も多いでしょう。
人が亡くなったときに、本人の財産を親族が引き継ぐことを相続と言います。
場合によっては税金が発生するケースもあります。
相続や関連する税金について知り、スムーズに相続が行われるよう対策するとよいでしょう。

▼相続人はどこまで当てはまる?
相続人は誰がなるの?と思われる方も多いでしょう。
民法で「相続人」について定められています。
まず挙げられるのが配偶者です。
配偶者はつねに相続人となります。
それ以外では、まず「死亡した人の子供」が挙げられます。
次に死亡した人の父母や祖父母、次に兄弟や姉妹が挙げられます。

▼相続にかかる税金って?
財産を引き継ぐときに発生する税金を「相続税」といいます。
相続税は相続する際に必ずしも発生するという訳ではありません。
相続される財産が「基礎控除額」よりも大きくなるときに、基礎控除額からはみ出た分の財産に税金がかかります。

▼相続税の対策について
相続税と併せて耳にする「相続税対策」という言葉があるように、相続税も節税対策をすることができます。
具体的な例の一部を下記にご紹介します。

・生前に贈与しておくことで課税対象を減らす
・子供に生命保険を掛ける
・タワーマンション節税を行う
・生前に墓地や墓石、仏壇などの仏具を購入する

上記はほんの一例で、状況によりさまざまな相続税対策ができる場合もあります。
相続税の対策について知りたい方は、まずは専門家に相談してみるとよいでしょう。

▼まとめ
相続についてと、相続税の対策についてご紹介しました。
相続税について生前にきちんと整理することで、トラブルの回避や節税対策にもつながるといえるでしょう。