Blog・Columnブログ・コラム
BLOG

相続に期限はある?

2021/01/25
相続する権利があるのにずっと放置していたらどうなるのでしょうか。

相続に期限があるのか気になりますよね。

今回は、相続の期限についてお伝えします。

▼相続に期限は存在する?

結論からいうと、期限が存在するものとしないものがあります。

相続には手続きが必要であり、その手続きに期限が設定されているものがあります。

期限があるものと無いものを把握しておきましょう。

▼相続の手続きに期限があるものと無いもの

■相続の手続きに期限があるもの

相続の手続きにはいくつか期限が存在するものがあり、例えば相続放棄がそれにあたります。

相続放棄と付随するものとして、限定承認をするか単純承認をするかの選択も同様に期限があり、いずれも相続が発生してから3ヶ月以内となっています。

準確定申告にも期限があります。

準確定申告は、相続する側の生前の確定申告を行う事をいい、相続開始を知った日の翌日から4か月以内というのが期限となっています。

相続税の申告と納付にも期限があり、相続開始を知った日の翌日から10か月以内に行う必要があります。

■相続の手続きに期限が無いもの

預貯金、不動産、自動車、などのような財産には期限がありません。

しかし、手続きが遅れるとすぐに不動産の売買が出来ないなどのデメリットもあるので気をつけましょう。

▼まとめ

相続にはいつまでに手続きをしなければならないなど、期限が設定されている物があるので注意しましょう。

芦原会計事務所では、相続のサポートを行っています。

相続税に関する事など、対応出来る事は全力で対応させていただきますのでお気軽にご相談下さい。