Blog・Columnブログ・コラム
BLOG

相続放棄とはプラスの財産もマイナスの財産も相続しない事

2021/01/05
相続放棄という言葉を聞いた事がありますか?

せっかく相続出来る財産があるのに放棄する意味はあるのでしょうか。

今回は、相続放棄についてお伝えします。

▼相続放棄とは

相続放棄とは、文字通り相続を放棄する事をいいます。

しかし、せっかく残してくれた財産を放棄するのは勿体無いと感じる方もいらっしゃるはずです。

実は、相続出来る財産には相続しない方がいい財産も含まれているのです。

相続放棄は、相続しない方が良い財産を相続しないという選択が出来る方法なのです。

▼相続放棄はするべき?

■相続放棄をした方が良い場合

財産の中には借金のような負債も含まれます。

つまり、マイナスの財産の事です。

一般的に負債が多い場合は相続しない方がいいと考えますよね。

相続に興味がない場合や、特定の人物に全て相続させたい場合は計画的に相続放棄をする場合もあります。

■相続放棄をしない方がいい場合

明確にプラスの財産がマイナスの財産より多い場合は、相続放棄をしない方がいいでしょう。

マイナスの財産がプラスの財産より多ければ放棄、プラスの方が多ければ相続するという限定承認が可能な場合は、相続放棄をしないほうがいいといえます。

▼まとめ

マイナスの財産がある場合は、相続放棄をするという選択肢もあります。

芦原会計事務所では、相続に関するご相談に乗っています。

相続放棄を検討されている場合は、一度お気軽にご相談下さい。